2020/1/10(fri)【METRO feat.Mogwaa】

@bar_cauliflower:2020/1/10(fri)【METRO feat.Mogwaa】

start:23:00

ENTfee:¥1500/inc1D

SPECIAL GUEST:Mogmaa -LIVE SET-(from Seoul)

DJs:J.BOY / DAISUKE KAKIMOTO / NORIO  

韓国の注目モダンファンク・プロデューサーMogwaaが初来阪!

ソウルを拠点に活動するシンセ・プレイヤー、モダンファンク・プロデューサーMogwaa。

長きにわたるバンド活動を経て、2017年に自主制作したソロ・デビュー作品『Déjà vu Ep』では、45 ACP(L.I.E.S.)やLow JackとのユニットSlack DJs(The Trilogy Tapes )名義でのリリースでも知られるD.K.がリミックスで参加。

カセット・テープでのリリースながらハイクオリティなモダンファンク・サウンドが大きな話題となり、同年にシカゴの名門ブギー・レーベルStar Creatureからもアナログ化リリースされた。

翌年には、ソウルのアンダーグラウンド・ダンスシーンの最重要レコード・ストアClique Records主宰レーベルより、ニューエイジ~エレクトロニクス・サウンドを打ち出したカセット・アルバム『07307』をリリース。また、LUCA LOZANO主宰Klasse Wrecks傘下のRedsealよりリリースした10インチ・シングルは、細野晴臣による80年代の和製リゾート~アイランド・ミュージックにも通じるエレクトリックなレゲエトラックを収録し、ヨーロッパや日本でも新しいフォロワーを増やした事は記憶に新しい。2019年には、Star Creatureよりシングルを2枚、Avalon Emerson、Project Pablo、Keita Sanoのリリースでもお馴染みのSpring Theoryからもシングルをリリースし、人気プロデューサーとして多忙な日々を送っている。

Endy Chen主宰、アジアのアーティストにフォーカスした中国の新鋭レーベル、1asiaの第1弾作品として今年LP化リリースされた『07307』のリリース・ツアーの大阪編として実現したMogwaaのLIVE SET。どうぞ、お見逃しなく!

Mogwaa(Seungyoung Lee) is a producer based in Seoul.

Mogwaa started his career as a musician in funk jazz band ‘Funkafric Booster’ and made his own debut

at Clique Record [Déjà Vu, 2017]. From his studio in Seoul, Korea, which is full of Synthesizers and

Drum machines, he produces expanse of genres from digi-reggae, funk to house music. He’s also

famous for his liveset playing two synthesizers, and with new year comes, he has built up his set to be

more interactive with array of hardware gears. Besides his own projects, he is also playing as a

keyboardist for ‘Xinseha and the Town’ and ‘Gurueng Train’

https://www.discogs.com/artist/6063324-Mogwaa
https://jp.residentadvisor.net/dj/mogwaa